ショパン : ノクターン 第20番【03_暗い・切ないクラシックのピアノ名曲】



あなたにお勧めの動画

ノクターン 第20番の説明

ショパンが1830年の春に作曲し、ショパンの死後出版されました。
初版では「アダージョ」という標題がついていたましたが、ブラームスがこの曲を書き写す際にこの標題を消してしまったため、残った速度記号の「レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ」のみが残り、標題として知られるようになったそうです。


下記のボタンを押下するとこの曲が購入できるページに飛びます。また、押しただけでは購入はされません。会員登録orゲスト登録後購入または無料ダウンロードできるようになります。

この曲をダウンロードする

関連商品

ノクターンについて

ノクターンは日本では夜想曲と訳されています。

性格的小品(キャラクターピース)の一種で通例3部リート形式の比較的簡単な形式をとり哀愁帯びた小曲です。
アイルランド出身のフィールドが創始し、ラテン語のnocturnusから作られた名称です。
ショパンはより自由でロマンティックな楽曲へと発展させショパンのノクターンのほうがより有名になりました。

関連動画