シューマン : クライスレリアーナ 第7曲【03_激しい・速いクラシックのピアノ名曲】



あなたにお勧めの動画

クライスレリアーナ説明

『クライスレリアーナ ピアノのための幻想曲集』は、ロベルト・シューマンが1838年に作曲した8曲からなるピアノ曲集。シューマンは奇数の曲が速いテンポで偶数の曲がゆっくりした曲を配置しています。

題名のクライスレリアーナとは、作家であり画家・音楽家でもあったE.T.A.ホフマンの書いた怪奇小説に登場する「楽長クライスラー」。


下記のボタンを押下するとこの曲が購入できるページに飛びます。また、押しただけでは購入はされません。会員登録orゲスト登録後購入または無料ダウンロードできるようになります。

この曲をダウンロードする

関連商品

クライスレリアーナ第7曲について

この曲は奇数の曲で速い曲だが最後は穏やかな曲調になります。

激しいアルペッジョの下降音型が繰り返され、まるで手が3つあるかのような演奏法ののち中間部へ。
その後ゆっくりとしたフィナーレで優しく終わります。

関連動画