ショパン : 革命のエチュード【01_激しい・速いクラシックのピアノ名曲】



あなたにお勧めの動画

革命のエチュードの説明

革命のエチュード(練習曲)Op10-12は、1831年のショパンがウィーンからパリに行く道中、故郷ポーランドのワルシャワがロシアによって陥落したあとくらいに作曲しました。

陥落の話を聞いたショパンがその怒りの感情を込めて作曲したと記述がありますが、作家の作り話から出たもので特にそれで作曲したわけではないとする説が有力です。


下記のボタンを押下するとこの曲が購入できるページに飛びます。また、押しただけでは購入はされません。会員登録orゲスト登録後購入または無料ダウンロードできるようになります。

この曲をダウンロードする

関連商品

エチュード(練習曲)の説明

エチュードは演劇においては台本を用意せずに劇を演じる事で、クラシック音楽では練習曲と言われ特定の技巧を曲の中で繰り返し演奏技巧を修得するための楽曲という意味。

ショパンの12のエチュード(練習曲)Op.10の説明

ショパンはエチュード(練習曲)を全部で27曲書いています。

op.10とop.25あとは遺作の3曲です。革命のエチュードはop.10に入っています。

関連動画