スクリャービン : 幻想ソナタ 第2楽章【02_激しい・速いクラシックのピアノ名曲】



あなたにお勧めの動画

幻想ソナタ 第2楽章の説明

ピアノソナタ第2番 嬰ト短調 作品19『幻想』 は、スクリャービンが1892年頃から1896年頃までの期間で作曲した。

作曲者自身によりパリで初演された時は未完成だったため、即興演奏で補われたとされています。


下記のボタンを押下するとこの曲が購入できるページに飛びます。また、押しただけでは購入はされません。会員登録orゲスト登録後購入または無料ダウンロードできるようになります。

この曲をダウンロードする

関連商品

幻想ソナタの説明の続き

ピアノソナタは通常3~4楽章であるすがこの曲は2楽章までしかありません。 第2楽章は「プレスト」と指定されているように、第1・第2主題とも短調によって書かれ非常に速くとても技巧的で情熱的な曲です。

スクリャービンはロンド・ソナタ形式でこの曲を構成しました。

関連動画