ベートヴェン : 『月光』第1楽章【01_暗い・切ないクラシックのピアノ名曲】



あなたにお勧めの動画

ピアノソナタ第14番『月光』第1楽章の説明

ピアノソナタ第14番 嬰ハ短調 作品27-2 通称『月光ソナタ』と言われるベートーヴェンの楽曲の中でも特に有名な楽曲の一つ。
ベートーヴェンのピアノソナタ第8番『悲愴』、第23番『熱情』と並んで3大ピアノソナタのひとつとして数えられていてその中でもこの第1楽章は特に有名な曲です。


下記のボタンを押下するとこの曲が購入できるページに飛びます。また、押しただけでは購入はされません。会員登録orゲスト登録後購入または無料ダウンロードできるようになります。

この曲をダウンロードする

関連商品

『月光』という名称について

ピアノソナタ第14番は第13番と対になる形で作曲され両曲ともベートーヴェンは『幻想曲風ソナタ』という題名を付けました。
『月光ソナタ』という愛称は音楽評論家、詩人レルシュタープが死後レルシュタープが第1楽章が『スイスのルツェルン湖の月光の波に揺らぐ小舟のよう』言ったものの『月光』という部分をとり『月光ソナタ』という名称がドイツ語や英語による出版物において使用されるようになりました。

ベートヴェンのピアノソナタ

ベートヴェンのピアノソナタの中で作品番号付きの曲は32曲存在ており彼の生前に出版されなかった作品には『WoO』「Werk ohne Opuszhl(作品番号を持たない作品)」というキンスキーとハルムという人物が編幕した略号で管理されています。

13歳の時に作曲した3つの選帝侯ソナタなどはWoO.47でいくつかの大小のピアノソナタを幼い頃から作曲していました。

また、ベートーヴェンのピアノソナタはチェンバロなど存在を意識せずピアノのためだけに作曲しました。

関連動画